センチメントの心2

内田あおいは決して笑わなかった…


それはまるでロボットみたいだった




…羨ましかった

助けて貰いたかった



決して多くを語らない彼女の

悲痛の叫び……





24hポイント 0pt
小説 60,579 位 / 60,579件 現代文学 2,658 位 / 2,658件