嘘つきたちの挽歌

その日初めて空は蒼いのだと知った。

エルフの里にハイエルフとして生まれ落ち、それからずっと死を望まれてきた。
元々要らないモノだから、欲しいと言われたものは何でもあげた。
髪も、血も、眼も、誇りや尊厳も、何もかも。
ある時、真っ黒な服を着た男と騎士がやってきて里のエルフを狩っていった。男はおれを見て少し困ったような、哀れむような顔をした。へんなひと。
それからおれは黒服の男に飼われている──
24hポイント 14pt
小説 30,454 位 / 148,956件 BL 6,411 位 / 17,140件