ヒガンの彼方で

『深淵を覗く時、深淵もまたあなたを覗いている』──どこかの哲学者が言った。そんな言葉を思い出した。深淵を覗いていた。深淵の方から君が覗き返してきてくれてるような、そんな気がした。


















登場人物は二人の青年。
これは彼と彼が織り成す、ありふれた恋のお話。
24hポイント 0pt
小説 50,877 位 / 50,877件 現代文学 2,059 位 / 2,059件