あいつらの脳みそにコードをぶっ刺して響かせたい。

高校一年生の5月。教室の中の会話。どいつもこいつもが薄っぺらい騒音を撒き散らしていた。だからこそ、窓から見える景色にぼんやりと思った。

『あいつらの脳みそにコードをぶっ刺して響かせたい。』
24hポイント 0pt
小説 84,369 位 / 84,369件 ライト文芸 3,723 位 / 3,723件