『僕は肉便器です』

「僕は肉便器です。どうぞ僕を使って精液や聖水をおかけください」その言葉で肉便器へと変貌する青年、河中悠璃。
 彼は週に一度の乱交パーティーを楽しんでいた。
 そんな時、肉便器となる悦びを悠璃に与えた原因の男が現れて肉便器をやめるよう脅してきた。
便器でなければ射精が出来ない身体となってしまっている悠璃は、彼の要求を拒むが……。

※小スカあり

2020.5.26
表紙イラストを描いていただきました。
イラスト:右京 梓様
24hポイント 113pt
小説 11,101 位 / 140,313件 BL 2,367 位 / 15,873件