アメ上がり

雨が降り注ぐ街の中、迷子の彼は、自分の声が誰にも届くことなく、誰も自身の存在に気づいてはくれない。
そう思っていたーー
24hポイント 142pt
小説 3,907 位 / 44,883件 ライト文芸 210 位 / 2,054件