ほら吹き大探偵の朝

私立探偵を営む「吾輩」ことプリンス・ザレゴット・ダイスキーは、ある朝、トイレに入った。 すると、便器が、吾輩に、相談したいことがある、といってきた。 そこから……。

ナンセンス・ギャグ児童文学です。どうかみなさん、読んでみてください。
24hポイント 106pt
小説 5,908 位 / 77,585件 児童書・童話 64 位 / 1,405件