醜い傷ありと蔑まれてきた私の顔に刻まれていたのは、選ばれし者の証である聖痕でした。今更、態度を改められても許せません。

エルーナの顔には、生まれつき大きな痣がある。
その痣のせいで、彼女は醜い傷ありと蔑まれて生きてきた。父親や姉達から嫌われて、婚約者からは婚約破棄されて、彼女は、痣のせいで色々と辛い人生を送っていたのである。

ある時、彼女の痣に関してとある事実が判明した。
彼女の痣は、聖痕と呼ばれる選ばれし者の証だったのだ。
その事実が判明して、彼女の周囲の人々の態度は変わった。父親や姉達からは媚を売られて、元婚約者からは復縁を迫られて、今までの態度とは正反対の態度を取ってきたのだ。

流石に、エルーナもその態度は頭にきた。
今更、態度を改めても許せない。それが彼女の素直な気持ちだったのだ。

※5話目の投稿で、間違って別の作品の5話を投稿してしまいました。申し訳ありませんでした。既に修正済みです。
24hポイント 120pt
小説 7,855 位 / 123,906件 恋愛 3,380 位 / 36,852件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

妹と婚約者の逢瀬を見てから1週間経ちました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:232423pt お気に入り:8795

婚約破棄ですね。これでざまぁが出来るのね

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:6064pt お気に入り:3993

とある婚約破棄騒動の顛末

恋愛 / 完結 24h.ポイント:120pt お気に入り:176

家族に売られた令嬢は、奉公先で溶けるほど甘やかされてます。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:65244pt お気に入り:12147