私が聴いたのは神様の唄と花言葉

神事が執り行われるお屋敷と、その神事により服従を受けさせられるお怒りの神様。

神事・織代の儀式。
その神事には「白の巫女」と呼ばれる巫女を一人たてなければならない。

そんな巫女にたてられた少女・アルストロメリア。
彼女は訳ありの多重人格者。
だけどそこに舞い降りた深淵之水夜礼花神(ふかふちのみづやれはなのかみ)は、ただただ純粋なアルに惹かれていき………?

そして、徐々に明らかになっていくアルの父母の正体。
その間に神様達は大喧嘩。


ねぇ、あなたは知ってますか?
その名前に隠されている「意味」を。
24hポイント 0pt
小説 48,730 位 / 48,730件 ファンタジー 16,197 位 / 16,197件