風化していく『あの日』~東日本大震災の傷痕~

2011年3月11日。
私達が住む宮城県で、大きな地震が起こりました。
私達の幼い瞳には、全てを飲み込んでいく津波が映る。

大切なものも、命も、幸せな日々も。
全て、それは消し去っていきました。

このことを風化させてはいけないと思うのです。

だからこそ。
私は今、語り継いでいくべきなのでしょう。


全てが奪われた『あの日』の実体験です。
24hポイント 0pt
小説 49,122 位 / 49,122件 歴史・時代 742 位 / 742件