【悪奴3】悪徳令息と解放奴隷

僕にはお気に入りの玩具がある。どんな面白くない事があっても、玩具を殴れば、気持ちがすっきりする。
お父様もお母様もそうしているのだから、きっとこれが玩具の正しい使い方なのだろう。
薄汚い道具にすぎない玩具に利用価値を与えてやる。高貴な僕達にしか出来ない素晴らしい行いだ。
ある日、いつものように玩具で遊ぼうとしたら、屋敷に賊が押し入ってきた。
賊はあっという間に立ち去り…玩具を全て奪っていった。許せない。文句をいってやると賊の元へ向かったお父様とお母様…そして…それから…僕達は…僕は…。
―――悪徳奴隷シリーズpart3。世界・時代は同じですが、カップルが違うので別登録しています。
24hポイント 28pt
小説 16,697 位 / 100,853件 BL 3,069 位 / 10,112件
1 / 4

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

生意気な王子は王に嬲り可愛がられる💛

BL / 完結 24h.ポイント:4487pt お気に入り:14

【R18】ポンコツ第二王子のやりなおし奮闘記

BL / 連載中 24h.ポイント:35913pt お気に入り:1497

記憶の代償

BL / 完結 24h.ポイント:35pt お気に入り:9

天使様の愛し子

BL / 連載中 24h.ポイント:6936pt お気に入り:1922

そのアメ、おじさんには甘すぎます

BL / 完結 24h.ポイント:1238pt お気に入り:327