バケモノの理由

「あたし、バケモノなの」

僕の受け持ちクラス、三年二組の少女――木本舞花はそう言って俯いた。少しぽっちゃりとした、されどボブヘアーがとても可愛らしい女の子である彼女。何故己をバケモノなどと貶めるのか。一体何をそんなに悩んでいるのか。
彼女の相談に乗っていた担任教師の“僕”は、やがて予想外の真実に気づくこととなる。
24hポイント 0pt
小説 101,832 位 / 101,832件 青春 3,979 位 / 3,979件