決闘日和!

「今日ほど決闘日和と言える日はない!俺は必ず、この戦いに勝利して見せる!!」
 俺の友人、雅彦はとある人物の下駄箱に“決闘状”を投げ込んだ後、そう叫んだ。どうにも、どこぞの不良漫画に感化されまくったらしい。なんと仲良くなりたい相手に決闘を申し込んだというのだ。
 呆れ果てつつも、雅彦の“決闘”に付き合う羽目になってしまった俺は、予想外の光景を目にすることになる……。
24hポイント 0pt
小説 96,578 位 / 96,578件 BL 9,507 位 / 9,507件