古本屋の天狗

6歳の時、私は迷子になった。
何とか家に帰ろうと歩き回ってさらに迷って、迷って迷って行き着いたのは寂れた古本屋だった。

そこには美しい顔のひとりの青年がいた。
それから私はそこに通うようになるのだ。本なんて買わないくせに。ただただ彼に会うためにそこへ通うのだ。

謎の青年×女子高生

※明るい話ではないし、イチャイチャしてるとかもない。
※作者はヤンデレや狂愛なんかが好きです。これもそのタイプ

再投稿という形で、修正と挿し絵の追加をしました。
24hポイント 14pt
小説 13,524 位 / 59,266件 恋愛 4,485 位 / 14,300件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚約破棄と箱

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:938pt お気に入り:14

獣化の呪いを受けた騎士があまりにも可愛すぎる件

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:1577pt お気に入り:134

黒魔女さんのペンション経営

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:13988pt お気に入り:751

悪役令嬢は婚約者を差し上げたい

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:9863pt お気に入り:645

どうやら私は竜騎士様の運命の番みたいです!!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:18381pt お気に入り:6134

乙女ゲームを降りる事にしました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:77966pt お気に入り:5758

「君は運命の相手じゃない」と捨てられました。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:73655pt お気に入り:7805

捨て子の幼女は闇の精霊王に愛でられる

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:52676pt お気に入り:2459

花嫁候補の令嬢は、200年前、魔王に恋をした。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:19654pt お気に入り:693