古本屋の天狗

6歳の時、私は迷子になった。
何とか家に帰ろうと歩き回ってさらに迷って、迷って迷って行き着いたのは寂れた古本屋だった。

そこには美しい顔のひとりの青年がいた。
それから私はそこに通うようになるのだ。本なんて買わないくせに。ただただ彼に会うためにそこへ通うのだ。

謎の青年×女子高生

※明るい話ではないし、イチャイチャしてるとかもない。
※作者はヤンデレや狂愛なんかが好きです。これもそのタイプ

再投稿という形で、修正と挿し絵の追加をしました。
24hポイント 0pt
小説 111,408 位 / 111,408件 恋愛 32,037 位 / 32,037件