魔法が使えなかった令嬢は、婚約破棄によって魔法が使えるようになりました

 魔力のある人は15歳になって魔法学園に入学し、16歳までに魔法が使えるようになるらしい。

 伯爵令嬢の私ルーナは魔力を期待されて、侯爵令息ラドンは私を婚約者にする。

 私は16歳になっても魔法が使えず、ラドンに婚約破棄言い渡されてしまう。

 その後――ラドンの婚約破棄した後の行動による怒りによって、私は魔法が使えるようになっていた。
24hポイント 534pt
小説 3,155 位 / 128,127件 恋愛 1,679 位 / 38,090件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

ヤンデレ悪役令嬢は僕の婚約者です。少しも病んでないけれど。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:1583pt お気に入り:118

お飾り妃になってしまいました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:197083pt お気に入り:5497

魅了魔法が効かない私は処刑されて、時間が戻ったようです

恋愛 / 完結 24h.ポイント:626pt お気に入り:857

愛されない花嫁は初夜を一人で過ごす

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:183791pt お気に入り:4049

愛され公爵令嬢は穏やかに微笑む

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:28372pt お気に入り:6058

【完結】悪役令嬢とは何をすればいいのでしょうか?

恋愛 / 完結 24h.ポイント:120pt お気に入り:251

【完結】聖女召喚で令嬢は被害を被りました。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:2350pt お気に入り:155