追放された聖女は精霊達と楽しく暮らす 〜どうやら私が真の聖女だったみたいですね〜

『聖女隊』——それは祈りを捧げ、国を守る役割を持った少女達。
ジャンヌもそんな聖女隊の一人であったが、国王に『偽の聖女』の刻印を押され、国外追放されてしまう。
途方に暮れていたジャンヌであったが偶然、精霊達が住む寂れた森に辿り着く。

精霊王「あなたこそが真の聖女様です!」

どうやら聖女隊の中で、ジャンヌだけが真の聖女だったらしく、女神の力を有しているらしい。
ジャンヌは聖女の力を使って、少しずつ精霊達とのんびり森を建て直していくことにした。

一方、真の聖女を失った国は崩壊に道を辿っていく……。
24hポイント 21pt
小説 19,107 位 / 111,727件 恋愛 7,800 位 / 32,162件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

月が導く異世界道中

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:114645pt お気に入り:34029

家に住み着いている妖精に愚痴ったら、国が滅びました

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:42557pt お気に入り:10095

聖女の仕事なめんな~聖女の仕事に顔は関係ないんで~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:110058pt お気に入り:2357

親愛なるお姉様、悪縁は私がぶち切って差し上げます。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:71pt お気に入り:38