老人病院

2300年、日本は高齢化社会が終わり、
第3次ベビーブームが起きる。

高齢者は減り、若者が爆発的に増えた。
日本は0歳から65歳までの人口が9割をしめ、老人は1割になった。

働く場所も、社会も活気を取り戻した日本だが唯一、寂しい場所がある。
2000年代初期から2200年代には、老人で溢れかえっていた特別養護老人ホームだ。


2300年の日本では、老人病院とも併設し、老人病院と呼ばれ、入居者3人の老人に対して、ヘルパー10人、看護士が1人、医師が3人という社会。

東京都内の小さな老人ホーム「ゼイタク」では、それぞれ悩みを抱えたヘルパーや医者が、3人の老人達の人生を語り聞き...。

※こちらの作品は、小説家になりたい様、カクヨム様にも掲載しております。
24hポイント 0pt
小説 101,981 位 / 101,981件 SF 3,016 位 / 3,016件