マッチ売りと騎士

 十五歳になったルナは、王都からの生活費を打ち切られた為、仕事を探してマッチ売りになった。しかしマッチは全く売れず、冬の寒さの中凍えていた。その時、マッチではなくもっと売れる品を販売すれば良いと気がつき、昔から家の中で咲いている魔法植物の花を売ると決めた。すると――「花売りか。いくらだ?」と、一人の騎士に声をかけられる。ルナは知らなかった。『花売り』が、『お花屋さん』ではなく、娼婦の隠喩である事を。※異世界のお話です。(★)が性描写です。(ムーンライトノベルズ様にも別名義で投稿しています)
24hポイント 42pt
小説 13,502 位 / 105,445件 恋愛 6,198 位 / 29,717件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

【R18】辺境伯爵令嬢は二人の騎士に愛される

恋愛 / 完結 24h.ポイント:227pt お気に入り:307

初夜で白い結婚を宣言する男は夫ではなく敵です

恋愛 / 完結 24h.ポイント:66441pt お気に入り:2614

ほぼ吸血鬼だけの世界で、人間やってます。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:28pt お気に入り:447

処刑された悪役令嬢は、時を遡り復讐する。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:90717pt お気に入り:6618

チートなタブレットを持って快適異世界生活

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:3679pt お気に入り:11902

騎士団長に攻略されてしまった!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:28pt お気に入り:2297