死にたがりのボクは死神さんに出会った

ボクには物心がついたころから、普通の感性というものがなかった。
喜ぶべき場面で喜べず、悲しむ場面で悲しめない。
いっそ死んでしまえたらと思いながら、今日も普通の人間を装って生きている。
そんなある日、ボクは彼女に出会った。
彼女は、死神だった。

*この作品は、カクヨムとエブリスタにも掲載中です。
24hポイント 0pt
小説 91,165 位 / 91,165件 ライト文芸 3,790 位 / 3,790件