ピーピング

十三歳の春、僕は村の教会で女神様から天職と特殊技能を授かった。
天職は盗賊、特殊技能は覗き穴だった。
僕は勇者になって正義の味方のなりたいと思っていた。
でも授かった天職は悪役だし、しかも特殊技能はせこい小物が感満載だ。

これは父ちゃんにも母ちゃんにも言えない。
反社会的な犯罪者として、村から追い出されてしまう。
最悪、村の広場の欅に吊るされてしまうかもしれない。
幸、お告げは僕達の頭の中で聞こえるだけで、僕以外には解らない。
僕が口を噤んでいれば、人に知られる事も無い。
24hポイント 0pt
小説 95,907 位 / 95,907件 ファンタジー 26,030 位 / 26,030件