鯉綺譚

むかし鹿島清兵衛という男がいた。
 江戸から大正に生きた奔放な男で、現在の銀座六丁目に百五十坪の二階建て写真館を建てたり、列車一両を買い取って座敷列車に仕立て直して京都へ漫遊したり、隅田川船上で百物語を開催したりと、今でも語り継がれている男である。
「僕は鹿島清兵衛の子孫である」
 と鹿島さんは云った。
 僕のことは鹿島と呼んでくれ、と。
 鹿島さんの本当の名を、私は知らない。
ーーこれは夢か。あるいは先輩の手のひらの上で踊っているだけなのか……
24hポイント 0pt
小説 58,657 位 / 58,657件 ホラー 2,183 位 / 2,183件