初恋は君と。

吃音と、どもり癖のある秋人(あきと)を偶然助けた力(ちから)は、それから秋人の事が気になってしょうがない。

自分が秋人に惹かれていると知った力は、人見知り気味の秋人との距離を少なくしていくが、親友にからかわれて否定した言葉をうっかり秋人に聞かれてしまってーーー。



何番煎じという感じな話ですが、昔のピュアな恋愛に憧れてた感を出したいと思いました。
少しずつ投稿してきいきたいと思います。

*R18は保険です。
*そういった行為が作中に含まれましても、事前にお伝えはしませんのでご了承ください。
24hポイント 0pt
小説 148,184 位 / 148,184件 BL 17,033 位 / 17,033件