極上の男を買いました~初対面から育む溺愛の味~

恋人を親に紹介した帰り、勝手に玉の輿を期待していた彼から「騙したな」と罵倒された木浦朱里。
というかそもそも社長令嬢だなんて私は一言も言ってないんだけど……!?

更に朱里との夜の生活もつまらなかったなんて言われ、そこまで言われるなら経験とやらを積んでやるわ、と開き直ったところで彼女に声をかけてきたのは――

別れ話の時に偶然近くの席に座っていた顔のいい男×仕事好きな少し頑固系ヒロインの偶然が運命に変わるまで。

※他サイト様にも投稿しております。
24h.ポイント 198pt
305
小説 6,495 位 / 187,121件 恋愛 2,859 位 / 56,725件

処理中です...