誰が彼女を殺したのか

 伯爵家の次女として生まれたマリアは、病弱な母親と一緒に母親の実家に預けられ幼少期を過ごした。そのまま病弱な母親は亡くなり、後を追うように祖父は亡くなる。家に戻る事も出来ず、そのまま病床の祖母を看病しながら暮らしていたマリアは、ある日突然父親に呼び戻される。

 家に戻った翌日、祖母の看病と生活の保障と引き換えに、いきなりウエディングドレスを着せられ教会に連れて行かれたマリア。
 何も説明をされないまま、自分の名を騙る悪女の代わりにバージンロードを歩くことに。

 そんなマリアを悪女本人だと信じて、軽蔑の眼差しを向ける新郎と招待客たち。
 穏やかだったマリアの生活は一変した。

 覚えのない誹謗中傷の中、ひどい扱いを受けるマリアの心臓は止まった。
 彼女を殺したのはいったい誰なのか。

 自らもこの殺人に加担していたと後悔の念を抱く夫は、彼女の死後初めて彼女と向き合い、二度と会うことの無い仮初の妻に、叶うことの無い恋をするのだった。

 ※具体的ではありませんが薬物の話を含みます
 ※暴力的表現はほとんどありませんが、精神的な虐待シーンがあります。
 ※他サイトでも掲載しています。
24h.ポイント 184pt
293
小説 6,529 位 / 187,463件 恋愛 2,820 位 / 56,776件

あなたにおすすめの小説

身代わりの令嬢ですので自由にさせてもらいます!

風見ゆうみ
恋愛
ミルレ国の公爵令嬢であるリナ・グルーラにはアルフレッド・ランバートンという婚約者がいた。 アルフレッド様は眉目秀麗の王太子。性格が良さそうに見せかけて、影ではリナを小馬鹿にする様な人だった。 彼との婚約の解消を望んだリナは、おとなしい性格のため、口に出すこともできなかった。 そんな彼女は身代わりを探し、自分とそっくりな人物にリナ・グルーラのふりをさせて婚約を破談にするように頼む。 その頼まれた相手が私、リナリー・フルーラ子爵令嬢だった。 リナは私を誘拐し、私の両親を人質に取るような真似をする。 リナ・グルーラとして生活していくことを余儀なくされた私は、リナが妹や兄からも馬鹿にされているのを知る。 そして、リナの妹はアルフレッド様と関係を持っていることも知ってしまう。 簡単に婚約解消できるかと思ったら、リナの性格が変わったと思い込んだ王太子殿下に気に入られてしまい―― ※作者独自の異世界の世界観であり、設定はゆるく、ご都合主義です。 ※過去作品のリメイク版ですが、かなり変更しております。

「君を愛さない」と言った公爵が好きなのは騎士団長らしいのですが、それは男装した私です。何故気づかない。

束原ミヤコ
恋愛
伯爵令嬢エニードは両親から告げられる。 クラウス公爵が結婚相手を探している、すでに申し込み済みだと。 二十歳になるまで結婚など考えていなかったエニードは、両親の希望でクラウス公爵に嫁ぐことになる。 けれど、クラウスは言う。「君を愛することはできない」と。 何故ならば、クラウスは騎士団長セツカに惚れているのだという。 クラウスが男性だと信じ込んでいる騎士団長セツカとは、エニードのことである。 確かに邪魔だから胸は潰して軍服を着ているが、顔も声も同じだというのに、何故気づかない――。 でも、男だと思って道ならぬ恋に身を焦がしているクラウスが、可哀想だからとても言えない。 とりあえず気づくのを待とう。うん。それがいい。

『親友』との時間を優先する婚約者に別れを告げたら

黒木メイ
恋愛
筆頭聖女の私にはルカという婚約者がいる。教会に入る際、ルカとは聖女の契りを交わした。会えない間、互いの不貞を疑う必要がないようにと。 最初は順調だった。燃えるような恋ではなかったけれど、少しずつ心の距離を縮めていけたように思う。 けれど、ルカは高等部に上がり、変わってしまった。その背景には二人の男女がいた。マルコとジュリア。ルカにとって初めてできた『親友』だ。身分も性別も超えた仲。『親友』が教えてくれる全てのものがルカには新鮮に映った。広がる世界。まるで生まれ変わった気分だった。けれど、同時に終わりがあることも理解していた。だからこそ、ルカは学生の間だけでも『親友』との時間を優先したいとステファニアに願い出た。馬鹿正直に。 そんなルカの願いに対して私はダメだとは言えなかった。ルカの気持ちもわかるような気がしたし、自分が心の狭い人間だとは思いたくなかったから。一ヶ月に一度あった逢瀬は数ヶ月に一度に減り、半年に一度になり、とうとう一年に一度まで減った。ようやく会えたとしてもルカの話題は『親友』のことばかり。さすがに堪えた。ルカにとって自分がどういう存在なのか痛いくらいにわかったから。 極めつけはルカと親友カップルの歪な三角関係についての噂。信じたくはないが、間違っているとも思えなかった。もう、半ば受け入れていた。ルカの心はもう自分にはないと。 それでも婚約解消に至らなかったのは、聖女の契りが継続していたから。 辛うじて繋がっていた絆。その絆は聖女の任期終了まで後数ヶ月というところで切れた。婚約はルカの有責で破棄。もう関わることはないだろう。そう思っていたのに、何故かルカは今更になって執着してくる。いったいどういうつもりなの? 戸惑いつつも情を捨てきれないステファニア。プライドは捨てて追い縋ろうとするルカ。さて、二人の未来はどうなる? ※曖昧設定。 ※別サイトにも掲載。

公爵令嬢に転生したので両親の決めた相手と結婚して幸せになります!

永倉伊織
恋愛
ヘンリー・フォルティエス公爵の二女として生まれたフィオナ(14歳)は、両親が決めた相手 ルーファウス・ブルーム公爵と結婚する事になった。 だがしかし フィオナには『昭和・平成・令和』の3つの時代を生きた日本人だった前世の記憶があった。 貴族の両親に逆らっても良い事が無いと悟ったフィオナは、前世の記憶を駆使してルーファウスとの幸せな結婚生活を模索する。

転生少女は異世界でお店を始めたい

梅丸
ファンタジー
せっかく40代目前にして夢だった喫茶店オープンに漕ぎ着けたと言うのに事故に遭い呆気なく命を落としてしまった私。女神様が管理する異世界に転生させてもらい夢を実現するために奮闘するのだが、この世界には無いものが多すぎる! 創造魔法と言う女神様から授かった恩寵と前世の料理レシピを駆使して色々作りながら頑張る私だった。

私は側妃なんかにはなりません!どうか王女様とお幸せに

Karamimi
恋愛
公爵令嬢のキャリーヌは、婚約者で王太子のジェイデンから、婚約を解消して欲しいと告げられた。聞けば視察で来ていたディステル王国の王女、ラミアを好きになり、彼女と結婚したいとの事。 ラミアは非常に美しく、お色気むんむんの女性。ジェイデンが彼女の美しさの虜になっている事を薄々気が付いていたキャリーヌは、素直に婚約解消に応じた。 しかし、ジェイデンの要求はそれだけでは終わらなかったのだ。なんとキャリーヌに、自分の側妃になれと言い出したのだ。そもそも側妃は非常に問題のある制度だったことから、随分昔に廃止されていた。 もちろん、キャリーヌは側妃を拒否したのだが… そんなキャリーヌをジェイデンは権力を使い、地下牢に閉じ込めてしまう。薄暗い地下牢で、食べ物すら与えられないキャリーヌ。 “側妃になるくらいなら、この場で息絶えた方がマシだ” 死を覚悟したキャリーヌだったが、なぜか地下牢から出され、そのまま家族が見守る中馬車に乗せられた。 向かった先は、実の姉の嫁ぎ先、大国カリアン王国だった。 深い傷を負ったキャリーヌを、カリアン王国で待っていたのは… ※恋愛要素よりも、友情要素が強く出てしまった作品です。 他サイトでも同時投稿しています。 どうぞよろしくお願いしますm(__)m

社畜系公爵令嬢は、婚約破棄なんてどうでも良い

小倉みち
恋愛
 公爵令嬢であるクレアは、周囲が驚くほど忙しかった。  学園の勉強に続き、未来の王子妃、王妃としての教育、そして引き継ぐ予定の領地経営。  さらには、その婚約者である第一王子の教育係にも任命されている。  そのおびただしい仕事の数々で、彼女は限界に達していた。  学生の身分で大量の仕事を押しつけられた彼女は、いわゆる「社畜」である。  朝から晩までタスクがあり、休む暇もない彼女。  そんな折、卒業パーティにて。  第一王子が、彼女に向かって叫んだ。 「公爵令嬢クレア! 俺はお前と婚約破棄する!」  彼の隣には、うら若き美少女の姿が。  しかし、彼女はまったく落ち込まなかった。  婚約者に裏切られたのにも関わらず、苛立ちもなく、かといって悲しくもない。  まさに、無。  仕事のことで頭がいっぱいだった。 「お前は、彼女を散々苛め抜いた。最低なことをしたんーー」 「あっ、はい。そうですか。わかりました。それでは失礼しますね」 「ちょっ、待て!」  彼女はこれ幸いにとパーティを抜け出し、屋敷に向かう。  ーー今日中にしなければならない仕事をするために。

クリスマスの日、夫とお別れしました。

恋愛
 田舎町から出て来たお針子ミリーは王都で有名なデザイナーのテオドールに見初められて、幸せな結婚をしました。  テオドールは名家のお得意様も多いお金持ちのデザイナーです。  当時、ミリーの結婚は玉の輿だとたくさんの女性たちから羨ましがれました。  それから16年。  夫はミリーには見向きもせず、若い愛人に夢中。義両親は田舎者のミリーに冷たい態度のままです。  自分はちっとも幸せじゃないことに気づいたミリーは……? ※クリスマスが近いのに、こんなお話ごめんなさい。 ※タイトル通りの内容です。 ※一話がとても短いです。