白家の冷酷若様に転生してしまった

 白碧玉(はく・へきぎょく)はうめいていた。
 一週間ほど前に、前世の記憶がよみがえり、自分が『白天祐の凱旋』という小説の悪役だと思い出したせいだった。
 その書物では碧玉は、腹違いの弟・天祐(てんゆう)からうらまれ、生きたまま邪霊の餌にされて魂ごと消滅させられる。
 最悪の事態を回避するため、厳格な兄に方向転換をこころみる。
 いまさら優しくなどできないから、冷たい兄のまま、威厳と正しさを武器にしようと思ったのだが……。
 兄弟仲が破滅するのを回避すればいいだけなのに、なぜか天祐は碧玉になつきはじめ……?

※弟→兄ものです。(カップリング固定〜)

※なんちゃって中華風ファンタジー小説です。
※自分できづいた時に修正するので、誤字脱字の報告は不要です。

◆2022年5月中旬くらいに、アンダルシュのほうで書籍化予定です。
 本編5万字+番外編5万字の、約10万字加筆しておりますので、既読の方もどうぞお楽しみに。
 こちらのサイトでは、おそらく後々、下げるか有料コンテンツに差し替えなどになるんじゃないかと思います。
 ※書籍verでは、規約により兄弟の恋愛がNGのため、天祐が叔父の子――従兄弟であり、養子になったという設定に変わっています。
24hポイント 930pt
小説 1,676 位 / 139,927件 BL 317 位 / 15,814件