女帝陛下は留学先で巻き込まれる

フェイラン王国東部に位置するカウェイレッド町にある王立ヘイデレスト魔法学園は由緒ある名門校であった。

8月15日は王立ヘイデレスト魔法学園の夏休みにあたり、その日は選抜試験が行われていた。

今年は平民の受験者が多く合格者は10人に1人という割合だった。

しかしそんな中、とてつもない才能のある少女がいた。

ハルシルフィ・ベイ・レティア女帝陛下だった。

ハルシルフィ・ベイ・レティアはレティア帝国の女帝で王立ヘイデレスト魔法学園に留学に来ているのだ。

彼女はいろいろな意味で、目立ちすぎていた。

ハルシルフィ・ベイ・レティアが留学先でいろいろなもめ事に巻き込まれながらも果敢に生きていく。

そんな中、婚約者がいないはずのハルシルフィは夜会で見覚えのない人に婚約破棄される。

しかし怒ったのはハルシルフィではなく・・・。
24hポイント 7pt
小説 17,574 位 / 65,959件 恋愛 6,622 位 / 16,979件