3
恋愛 連載中 長編 R15
「武闘家貴族」「脳筋貴族」と呼ばれていた元子爵令嬢のマリアンネ。 脳筋な父のせいで借金まみれ。 その借金を返済する為、得意な武力を活かし「便利屋」を副業でやりながら借金返済の為、奮闘する毎日。 それなのに、何故かオネエ系王子に執着され…… 果たして、無事借金返済はできるのでしょうか?
24hポイント 784pt
小説 2,359 位 / 128,122件 恋愛 1,249 位 / 38,091件
文字数 1,301 最終更新日 2022.01.22 登録日 2022.01.22
大魔女と呼ばれていた私は、ドラゴン討伐に失敗しその人生の幕を閉じた。 しかし、死ぬ間際の願いが叶ったのか二度目の人生を送ることになる。 二度目の人生、ゆっくりのんびり過ごす。 そう決めたはずなのに……
24hポイント 498pt
小説 3,325 位 / 128,122件 ファンタジー 569 位 / 32,672件
文字数 53,792 最終更新日 2022.01.22 登録日 2022.01.10
恋愛 完結 長編 R15
この世界が小説の世界だと気づいたのは、5歳の頃だった。 その日、二つ年上の兄と水遊びをしていて、足を滑らせ溺れた。 その拍子に前世の記憶が凄まじい勢いで頭に入ってきた。 前世の私は東雲菜知という名の、極道だった。 父親の後を継ぎ、東雲組の頭として奮闘していたところ、組同士の抗争に巻き込まれ32年の生涯を終えた。 そしてここは、その当時読んでいた小説「愛は貴方のために~カナリヤが望む愛のカタチ~」の世界らしい。 組の頭が恋愛小説を読んでるなんてバレないよう、コソコソ隠れて読んだものだ。 この小説の中のミレーナは、とんだ悪役令嬢で学園に入学すると、皆に好かれているヒロインのカナリヤを妬み、とことん虐め、傷ものにさせようと刺客を送り込むなど、非道の限りを尽くし断罪され死刑にされる。 その悪役令嬢、ミレーナ・セルヴィロが今の私だ。 ──カタギの人間に手を出しちゃ、いけないねぇ。 昔の記憶が戻った以上、原作のようにはさせない。 原作を無理やり変えるんだ、もしかしたらヒロインがハッピーエンドにならないかもしれない。 それでも、私は悪役令嬢から足を洗う。 小説家になろうでも連載してます。 ※短編予定でしたが、長編に変更します。
24hポイント 28pt
小説 19,551 位 / 128,122件 恋愛 8,795 位 / 38,091件
文字数 60,837 最終更新日 2021.12.18 登録日 2021.10.31
3