はるきりょう

はるきりょう

小説家になろうサイト様にいくつか小説を載せています!そのうち、特に好きな話をこちらでも載せる予定です!見ていただければ幸いです!
20
恋愛 完結 短編 R15
「何って、小説だよ!この恋愛小説有名なのに知らないの?」  本の表紙を見せながらジェニファーは多少興奮気味にそう伝える。けれどレオナルドは興味なさそうに表紙を一瞥しただけだった。 「知らないよ、恋愛小説なんて。経済とか政治の本しか読まないからね、俺は」 「なんで!読んだ方がいいよ!キュンキュンするから! 「キュンキュン、ね」 「もう、この切なくて甘い感じがもう、ほんと、キュンキュンするの。本当に格好いいし!」 「キュンキュンさせればいいんだろ?」 「え?」  レオナルドの言葉の意味が分からず、ジェニファーは彼を見る。気付けば想像よりも近くにレオナルドの顔があった。 「レ、レオナルド…?」 「レニー、だろ?」 ※小説家になろうサイト様でも掲載しています。
24hポイント 78pt
小説 7,388 位 / 73,750件 恋愛 3,067 位 / 19,106件
文字数 3,598 最終更新日 2020.05.24 登録日 2020.05.24
「佐々木を見返したくないの?」  里香の言葉に心が動く。見返したい。見返してやりたい。あの嘲笑うかのような笑みを崩してやりたい。  あの、林だ。不良で、顔立ちがよくて、家柄もいい。そんな彼が遊んでいないわけがない。少しくらいもてあそんでもいいだろ。そもそも、本当に私を好きかもわからない。一か八かの賭け。 「私、告白する!」  思わずそう宣言していた。 ※小説家になろうサイト様にも掲載していあります。(一部修正あり)
24hポイント 21pt
小説 14,652 位 / 73,750件 恋愛 5,438 位 / 19,106件
文字数 18,033 最終更新日 2020.05.16 登録日 2020.05.16
動物の声が聞こえる彼女と冷たい第二王子の物語。完成しました。 「……反対されない、というのは、寂しいことだと思いますの。だから…私が反対してさしあげます」  サーシャは最上級の笑顔を浮かべた。そして、思い切り息を吸い込む。 「何でも思い通りいくと思うなよ、くそ王子!!」 「サ、サーシャ様!?」  なりゆきを見守っていたハリオが慌てたようにサーシャの名を呼んだ。一国の王子への暴言は不敬罪で捕まりかねない。けれど、言わずにはいられなかった。  そんなサーシャの言動にユリウスは一瞬目を丸くし、しかしすぐに楽しそうに笑った。  「お前面白いな。本当に気に入った」 小説家になろうサイト様にも掲載してします。
24hポイント 42pt
小説 10,026 位 / 73,750件 恋愛 4,082 位 / 19,106件
文字数 95,948 最終更新日 2020.05.09 登録日 2020.03.10
熟年夫婦の旦那さんが、妻を好きな話。 小説家になろうサイト様にも掲載しています。
24hポイント 7pt
小説 20,310 位 / 73,750件 恋愛 7,501 位 / 19,106件
文字数 2,262 最終更新日 2020.05.02 登録日 2020.05.02
「ねぇ、私を殺してくれない」「いいよ」 生きる希望をなくしたお姫様と、残忍で優しい王子様の 恋の物語。 ※小説家になろうサイト様でも掲載してあります。(多少の修正あり)
24hポイント 28pt
小説 12,495 位 / 73,750件 恋愛 4,859 位 / 19,106件
文字数 17,094 最終更新日 2020.04.26 登録日 2020.04.26
「僕にそんなはっきり言ってくれたのは、君が初めてだよ」  効果音をつけるなら『キラキラ』だろうか。シオンを見る視線のその先には、ルイーズが悔しそうにこちらを見ている。面倒事はごめんだった。 「いえ、あの、王子に言ったわけではなくて、ですね。感想を述べただけ、とでも言いますか…」 「でも、僕のしたことにそういう風な判断をしてくれる人って本当に珍しいんだよ」  なんだ、これ。王子様って、暴言に飢えてるの?、なんて、言葉にしたかったが、したら問題だし、これ以上懐かれても困るので、アリアは開きそうになる口を懸命に堪えた。 ※小説家になろうサイト様にも掲載しています。
24hポイント 28pt
小説 12,495 位 / 73,750件 恋愛 4,859 位 / 19,106件
文字数 4,628 最終更新日 2020.04.03 登録日 2020.04.03
いつも「強い」兄と比べられてきたハリス。 ハリスは、いつも思っていた兄のように強くならなくては、と。 けれど、幸せとは、誰かの生き方を真似することなのだろうか? ※小説家になろうサイト様に掲載してあります。多少修正しましたが。
24hポイント 0pt
小説 73,750 位 / 73,750件 ライト文芸 3,640 位 / 3,640件
文字数 8,763 最終更新日 2020.04.01 登録日 2020.04.01
瑛士の背中を見ていられることが、どれほど幸せだったのか、きっと瑛士は知らないままだ。 ※小説家になろうサイト様にも掲載しています。
24hポイント 42pt
小説 10,026 位 / 73,750件 恋愛 4,082 位 / 19,106件
文字数 16,923 最終更新日 2020.03.21 登録日 2020.03.20
純平と真由美。涼介と優子の話。 派手な純平。地味な真由美。真由美の幼馴染の涼介。涼介の彼女の優子。 そんな話。
24hポイント 7pt
小説 20,310 位 / 73,750件 恋愛 7,501 位 / 19,106件
文字数 37,799 最終更新日 2020.03.09 登録日 2020.03.07
恋愛 完結 短編 R15
「I love youを訳すならなんて訳す?」 「…あなたといると泣きそうです?」  好き、なんて戯言がちょうどいい。そんな関係が楽だ。本気の言葉などいらない。寂しい時に、一緒に夜を過ごしてくれる人がいればいい。一番である必要なんてないのだから。 前書き編集
24hポイント 28pt
小説 12,495 位 / 73,750件 恋愛 4,859 位 / 19,106件
文字数 12,797 最終更新日 2020.03.01 登録日 2020.03.01
ライト文芸 完結 ショートショート
 物事を決めるのは、すべて蛙だった。周りは当たり前のようにそれに従う。蛙に意見をするものなど、この世界にはいなかった。蛙こそがこの世界の絶対だった。  けれど、蛙は知っていた。自分を王と崇める者たちが、裏でどんなふうに言っているのか。 「井の中の蛙、大海を知らず」 ※小説家になろうサイトさまにも掲載しています。
24hポイント 28pt
小説 12,495 位 / 73,750件 ライト文芸 395 位 / 3,640件
文字数 3,427 最終更新日 2020.02.29 登録日 2020.02.29
 まっすぐに注がれた視線は熱く、リアナは次の言葉を繋げなかった。21年間貴族の娘をやってきてはいるが、男性に愛を囁かれたのは初めてで、どう対応すればいいかわからなかったのだ。  そこからである。アルセンが公然とストーキングを始めたのは。リアナへの愛を前面に押し出し、会いに来る。それがどれだけリアナに苦行を強いているのかも知らずに。 ※小説家になろうサイトさまにも掲載しています。
24hポイント 49pt
小説 9,249 位 / 73,750件 恋愛 3,817 位 / 19,106件
文字数 15,797 最終更新日 2020.02.29 登録日 2020.02.29
「だめだ」  通る声が一つ。低いその声は決して大きくないのに、絵梨の耳にしっかりと入った。 「お前、やっぱ、俺と付き合え」 「おいおい、健。もういいじゃん。別の罰ゲーム考えるからさ」 「いやだね。俺はこいつを惚れさせてやる。んでもって、俺からふってやるよ」  黒い笑みを浮かべた健に絵梨は一歩後ずさった。それを追いかけるように健が一歩を大きく出す。 「覚悟しろよ」 ※小説家になろうサイト様にも掲載しています。 ※以前投稿している「好きになったのは、最低な人でした。」の譲が少し出てきます。
24hポイント 7pt
小説 20,310 位 / 73,750件 恋愛 7,501 位 / 19,106件
文字数 30,693 最終更新日 2020.02.25 登録日 2020.02.25
人並みに恋愛小説を読むのが好きだった。叶わない恋は応援したくなる。好きなのに、身分が違うと言うだけで、結ばれないなんて、そんな悲しいことはない。だから、エルサは共犯者になることに決めた。 小説家になろうサイト様にも掲載しています。
24hポイント 7pt
小説 20,310 位 / 73,750件 恋愛 7,501 位 / 19,106件
文字数 25,647 最終更新日 2020.02.15 登録日 2020.02.06
彼は有名だ。 『橋元譲は、誰の告白も拒まない』 数々の女がその噂に便乗し、その噂が真実だと証明した。  それでも友香は泣きそうになった。「いいよ」と言われて。だってずっと見ていた。この高校に入って2年間ずっと。 ※小説家になろうサイト様に掲載しています。
24hポイント 14pt
小説 17,175 位 / 73,750件 恋愛 6,254 位 / 19,106件
文字数 19,365 最終更新日 2020.02.09 登録日 2020.02.09
恋愛 完結 短編 R15
今日こそは言う。そう心に決め、伊達優菜は拳を握りしめた。私には時間がないのだと。もう、気づけば、歳は27を数えるほどになっていた。人並みに結婚し、子どもを産みたい。それを思えば、「若い」なんて言葉はもうすぐ使えなくなる。このあたりが潮時だった。 ※小説家なろうサイト様にも載せています。
24hポイント 49pt
小説 9,249 位 / 73,750件 恋愛 3,817 位 / 19,106件
文字数 11,602 最終更新日 2020.01.23 登録日 2020.01.23
恋愛 完結 短編 R15
「クレアが好きなんだ」  目の前の男がそう言うのをただ、黙って聞いていた。目の奥に、熱い何かがあるようで、真剣な想いであることはすぐにわかった。きっと、嬉しかったはずだ。その名前が、自分の名前だったら。そう思いながらローラ・グレイは小さく頷く。 ※小説家になろうサイト様に掲載してあります。
24hポイント 78pt
小説 7,388 位 / 73,750件 恋愛 3,067 位 / 19,106件
文字数 27,459 最終更新日 2020.01.18 登録日 2020.01.09
そして、呪文のように繰り返すのだ。「里美。好きなんだ」と。 私の顔を見て、私のではない名前を呼ぶ。
24hポイント 14pt
小説 17,175 位 / 73,750件 恋愛 6,254 位 / 19,106件
文字数 10,116 最終更新日 2020.01.13 登録日 2020.01.13
王子と親友の恋の行方を見守る主人公。
24hポイント 21pt
小説 14,652 位 / 73,750件 恋愛 5,438 位 / 19,106件
文字数 4,963 最終更新日 2020.01.13 登録日 2020.01.13
恋愛 完結 短編 R15
疲れているのだ、と思った。自分たちの生活は棚に上げ、結婚しろとうるさいおじさん、おばさんに。好きも嫌いもなくなり、ただヤることしか考えていない彼氏に。協力しようとしない職場に。コミュ障の新人に。すべてに疲れていた。  だから、仕方がない。行きつけのバーで、許容量以上のアルコールを摂取し、起きた時にはホテルで、知らない男が裸で隣に寝ていても仕方がないのだ。 「花村さんは悪趣味ですね。こんな風に部下をからかって何がしたいんですか?」 「…何がしたい、か。そうだな、暇つぶしかな」  悪びれる様子もなく潤也が言った。 「あなたみたいな人に軽い人、大嫌いです」 ※小説家になろうサイト様でも掲載しています。
24hポイント 42pt
小説 10,026 位 / 73,750件 恋愛 4,082 位 / 19,106件
文字数 16,620 最終更新日 2020.01.08 登録日 2020.01.08
20