夜の帳に零れ落ちる言葉たち

詩的な散文的な戯言かもしれない。気まぐれに追記予定。

今となっては、ずいぶん昔なんだけれど。
詩や短編小説、戯言なんかのHPを作っていて、
その界隈で色々な人との交流があって。

「さぁ... 世界が暗転するよ!」

ゾクゾクっとした言葉に魅せられたことがあります。

うわぁ~~、いいな!この言葉。ゾクゾクする。
そういう言葉に出会えた時って、なんか妙に興奮する。

いつか、そんな風な言葉を紡ぐことができたらいいのにって。
時々サボりながら、なんとなく書くことをやめられないでいます。

若いころの刺々しい感じは、なかなか自分の中から出てこない。
だから嫌になっちゃって、仕事なんかも忙しくなっちゃうし。

せっかく書いていこう~って思ったので、続けることを目標にしてみますー。
24hポイント 0pt
小説 80,035 位 / 80,035件 現代文学 3,710 位 / 3,710件