この悪女、私が殺します〜聖女が現れ王子に婚約破棄されましたが、お気に入りの執事と復讐させていただきますね〜

ハワード男爵令嬢であるイメルダは、王子、またその婚約者の暗殺未遂の罪で処刑されようとしていた。
イメルダは無実を叫ぶが、罪を告発したのは信頼していた執事のロイクだったと知る。
そもそもあの女さえいなければ、婚約破棄などされなかったのに!

イメルダは、自分の婚約者ザーグベルト王子を奪った謎の異界の聖女セイラに復讐してやる! と強く思う。

処刑直前、イメルダは復讐心の強さからハワード家の不思議な力が目覚める。イメルダは自分の人生をやり直すため、ロイクと時間を遡った。

ロイク、今度こそ、ずっと味方でいてくださいね?

今度こそイメルダは婚約破棄されずに無事結婚できるのか?

そして本当の悪女は誰なのか――?

しかし、イメルダの復讐は思わぬ展開となるのだった。

※小説家になろうにも投稿しています。
24hポイント 7pt
小説 28,045 位 / 124,881件 恋愛 11,984 位 / 35,668件