それが偽りと気付くまで···

「俺、あんたのこと知らないし。デブは、嫌いだから」と中学卒業を前にして、最悪な振られ方をした早川留美。告白が、全校生徒·教師に知られ、卒業間近にして不登校になる。
「もう誰も好きになんかならない」そう思って誰も通う事がない高校へと行った留美だったが。
 周りが次々とくっついていく中、羨ましいとは思うも、絶望の淵に突き落とされた告白事件(と呼ばれてる)から這い上がれない留美だったが···。
 初恋、失恋、片思いを経験した留美が、好きになったのは、意外な人物だった。
24hポイント 0pt
小説 58,621 位 / 58,621件 恋愛 14,103 位 / 14,103件