その足枷を、あなたの愛で解いてください。

 「いつの日か何もかも受け入れられる者が現れたなら、この足枷は解けるであろう」

 生まれてすぐに捨てられた赤子は、光の者に紫蘭と名付けられた。命を救った代償に足枷を嵌められ成人した。それが解けるまで老いることのない呪いのようなもの。胡蝶の館で花魁として運命の男を待ち続ける。
 現れたのは英国と日本国の血を継いだ者だった。デレク・アーチャー・タカハル。
しだいに二人は惹かれ合い、求め合う。

 何かが違うと知りながら、幸せに自身に課せられた宿命を見失い始める。もう、それは解けたはずだ……と。

 禁忌、風俗、妖し、戦争を乗り越え手に入れた家庭に忘れかけていた事件が起こる。

 果たしてその足枷は本当に解けたのかーー。


※ほんのり和風なファンタジー。アルファポリスのみ改稿版となっております。
※R18に予告はございません
24hポイント 42pt
小説 6,754 位 / 41,000件 歴史・時代 54 位 / 411件

4
なりぞう
2018.05.22 なりぞう

初めまして!もうデレクと紫蘭のこの2人の絆の深さと、信頼関係、家族愛の虜になってしまいました。一言では言えないぐらい素敵な話だと感動しました!私の妄想も果てしなく、1話1話読む度にドキドキしたり、泣けてきたり、あーっ!違うのに〜!なんて思いながら読ませて頂きました(笑)
いつか、私もこんな2人のような夫婦に…❤
この作品と出会えて、良かったです!
ありがとうございました!
そして、完結おめでとうございます!
お疲れ様でした(^-^)

ユーリ(佐伯瑠璃)
2018.05.22 ユーリ(佐伯瑠璃)

なりぞう様
お読み下さり、また、ご感想もくださりありがとうございました。
二人の危うい感情の揺れとか、互いを思う気持ちとか、そういうのが伝わったならこれ以上ない喜びです。
なりぞう様が虜になってくださったなら、心から書いてよかったと思います。
こちらこそありがとうございました。
\(^o^)/

なかむラ
2018.05.09 なかむラ

まずは完結おめでとうございます

孤独だったふたりが寄り添い家族になって子供に囲まれて……。時代が変わってもきっとデレクさまと紫蘭さんの愛は変わらないんだろうなぁって思いました

脇役たちに魅力的で、藤田さん、山崎夫妻、井上先生……
特に井上先生がかわいらしいと思いました!

最終話の二人のやり取りも、楓ちゃん蓮くん、清香ちゃんと、賑やかで読後感がほっこりしました(*´ω`*)

素敵なお話をありがとうございました!自作も頑張ってください!

ユーリ(佐伯瑠璃)
2018.05.09 ユーリ(佐伯瑠璃)

追いかけて下さりありがとうございます。
新しく章を追加して、途中で無理かもって思ったりしたのですが応援してもらったお蔭で完結できました。

三沢一家は時代に翻弄されながらも、支え合って生きていくと思います。

井上先生がですね、思いの外若くて(*^^*)

脇役も視点を変えれば主役(๑•̀ㅂ•́)و✧
私のこだわり?

ありがとうございました!

なかむラ
2018.05.01 なかむラ
ネタバレ含む
ユーリ(佐伯瑠璃)
2018.05.01 ユーリ(佐伯瑠璃)

お母さんになるのって早いですよね…💦
ようやっと新章です。
いつも、ありがとうございます\(^O^)/

なかむラ
2018.04.10 なかむラ

花魁道中、美しいなぁ…(*´ω`*)
こちらでも読めて嬉しいです!更新がんばってください

ユーリ(佐伯瑠璃)
2018.04.10 ユーリ(佐伯瑠璃)

なかむラ様
こちらでもお読みくださりありがとうございます。読んでよかったと、思われるように頑張ります(*^^*)

4