「ただの通訳なんて宮廷にはいらない」と追放された【言語術師】。追放された瞬間、竜も機械も使えなくなって女王様が土下座してきたけどもう遅い。

「ただの通訳など、我が国にはいらない」

 言語術師として、宮廷に仕えていたフェイ。
 しかし、新女王の即位とともに、未開の地への追放を言い渡される。

「私がいないと、ドラゴンや機械に指示を出せなくなりますよ……?」

「そんなわけないでしょう! 今だって何も困ってないわ!」

 有無を言わさず追放されるフェイ。

 しかし、フェイは、得意の“言術”によって未開の地を開拓していく。

 機械語によって、機械の兵隊軍団を作り、
 神々の言葉で神獣を創造し、
 古代語でドラゴンたちと同盟を結ぶ。

 ドラゴン、猫耳美女、エルフ、某国の将軍と様々な人間にご主人様と慕われながら、
 こうして未開の地をどんどん発展させていき、やがて大陸一の国になる。


 一方、繁栄していくフェイの国とは違い、王国はどんどん没落していく。

 女王はフェイのことを無能だと罵ったが、王国の繁栄を支えていたのはフェイの言術スキルだった。

 “自動通訳”のおかげで、王国の人々は古代語を話すドラゴンと意思疎通をはかり、機械をプログラミングして自由に操ることができていたが、フェイがいなくなったことでそれができなくなり王国は機能不全に陥る。

 フェイを追放した女王は、ようやくフェイを追放したのが間違いだと気がつくがすでに時遅しであった。
 王都にモンスターが溢れ、敵国が攻め行ってきて、女王は死にかける。

 女王は、フェイに王国へ戻ってきてほしいと、土下座して懇願するが、未開の地での充実した日々を送っているフェイは全く取り合わない。

 やがて王国では反乱が起き、女王は奴隷の身分に落ちていくのであった。
24hポイント 7,533pt
小説 269 位 / 87,246件 ファンタジー 86 位 / 24,910件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

婚約破棄ですね。これでざまぁが出来るのね

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:19746pt お気に入り:3385

不死王はスローライフを希望します

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:20952pt お気に入り:5951

勇者パーティから追い出されたと思ったら、土下座で泣きながら謝ってきた!

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:10331pt お気に入り:9451