軍鶏鍋屋と二人の盗人

江戸時代、あのかの有名な鬼の平蔵と呼ばれた火付盗賊改方長谷川平蔵が好んで食していた軍鶏鍋。そんな軍鶏鍋屋を営む喜助と二人の間抜けな盗人の話。

本編13話
番外編1話
完結済

(R15指定は軍鶏をさばいている場面の流血によりあくまでも予防のためのもの)


全てフィクションです。
24hポイント 21pt
小説 14,577 位 / 80,252件 歴史・時代 142 位 / 1,094件