幸せのアメ

母親が教えてくれた「幸せの魔法」。
それは梅雨に空から降り注ぐ'あめ'を一日三回食べること。

アヴェルとイリゼが生まれ育ったカラメッラの町は何の変哲もないごく普通の町だ。
夏には暑くなり冬には寒くなる平凡なこの町では梅雨の時期になると不思議な現象が起きる。

恋人のイリゼが梅雨の時期に集めてくれる'あめ'のおかげで、アヴェルは他のみんなと同じように幸せを感じていた。それなのに、ある日突然空から'あめ'が降らなくなって…

表紙: NeoZone様 (@hanahanahaney)

Fujossy開催梅雨コンテスト参加作品。
24hポイント 0pt
小説 127,613 位 / 127,613件 BL 14,083 位 / 14,083件