肩越の逢瀬 韋駄天お吟結髪手控

江戸吉原は揚屋町の長屋に住む女髪結師のお吟。
日々の修練から神速の手業を身につけ韋駄天の異名を取るお吟は、ふとしたことから角町の妓楼・揚羽屋の花魁・露菊の髪を結うように頼まれる。
お吟は露菊に辛く悲しいを別れをせねばならなかった思い人の気配を感じ動揺する。
自ら望んで吉原の遊女となった露菊と辛い過去を持つお吟は次第に惹かれ合うようになる。
その二人の逢瀬の背後で、露菊の身請け話が進行していた――

イラストレーター猫月ユキ企画「花魁はなくらべ その弐」参加作。
24hポイント 0pt
小説 128,345 位 / 128,345件 歴史・時代 1,446 位 / 1,446件