裏長屋の若殿、限られた自由を満喫する

貧乏人が肩を寄せ合って暮らす聖天長屋に徳田新之丞と名乗る人品卑しからぬ若侍がいた。月のうち数日しか長屋にいないのだが、いる時には自ら竈で米を炊き七輪で魚を焼く小まめな男だった。
24hポイント 2,969pt
小説 583 位 / 143,834件 歴史・時代 6 位 / 1,675件