【超短編読み切り】「正直お豊の幸福」

 
 
 江戸時代、下級武士の出身から驚異の出世を遂げて、勘定奉行・南町奉行まで昇り詰めた秀才、根岸鎮衛(ねぎしやすもり)が30年余にわたって書き記した随筆「耳嚢」

 その「巻之二」に掲載されているお話を原話として、軽く小説風にした読み切りの超短編小説です。

 「正直に加護ある事 附 豪家其気性の事」というお話が元ネタとなっています。

 当時「けころ(蹴転)」と呼ばれた最下級の娼婦が、その正直さゆえに幸せになるお話です。
24hポイント 0pt
小説 80,706 位 / 80,706件 歴史・時代 1,094 位 / 1,094件