僕を待つ君、君を迎えにくる彼、そして僕と彼の話

すぐに迷子になってしまうお嬢さん育ちの綾乃さん。
僕は彼女を迎えにいくと、必ず商店街のとある喫茶店に寄る羽目になる。そこでコーヒーを飲みながら、おしゃべりをするのが綾乃さんの至福の時間なのだ。コーヒーを飲み終わる頃になると、必ず「彼」が彼女を迎えに現れて……。

扉絵は、遥彼方さんのイラストをお借りしています。

この作品は、小説家になろう、エブリスタにも投稿しています。
24hポイント 149pt
小説 6,772 位 / 99,826件 現代文学 59 位 / 5,226件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

ある日突然妹ができて俺は毎日愛でてます!

青春 / 連載中 24h.ポイント:113pt お気に入り:83

幼馴染

恋愛 / 完結 24h.ポイント:71pt お気に入り:466