荒くれ竜が言うことを聞かない

※4/12 本編完結しました。

 飛竜の血を引くグラディウス家と、海竜の血を引くオーベル家は、王国を守護する双翼として名を馳せているが、軍部の人間なら誰もが知る犬猿の仲。

 空軍の飛竜であるリアンも、海軍の野蛮な海竜であるヴァルハルトを毛嫌いしていた。会えば必ず殴り合いになるほど険悪な関係だったが、飛竜の力が弱まる新月の夜、リアンは弾みでヴァルハルトと一夜を共にしてしまう。

 不幸な事故だったと割り切ったはずが、何故かリアンはその夜のことを忘れられず、自分の番探しも上手くいかない。未知の感情に戸惑う最中、リアンは飛竜の一族が企む計略を知ってしまい……

「なんなんだその色気、あんたヤバいな。気をつけた方がいい」
「なら襲うな!!」

不遜で我の強い海軍少将×クールだけど喧嘩は買うタイプの空軍少将
ツンツン主人公が大嫌いな男と恋に落ちるまでのケンカップル・ロマンス
ムーンライトの方でも掲載していますが、こちらにも載せておきます。
24h.ポイント 1,349pt
10,570
小説 920 位 / 183,826件 BL 205 位 / 23,829件