君住む街

学生時代からの音楽の夢に破れた達也は東京都内中野のアパートを引き払い、両親が暮らす実家に身を寄せることになる。

両親は達也が上京する前に暮らしていた持ち家を手放し、母が癌治療の為に通院する大学病院がある「夢ヶ丘」という街で質素なアパート暮らしをしていた。達也はアパートでの家族との暮らしに息苦しさを感じる。

人生のエアポケットのような時間で目に映す「夢ヶ丘」の景色。その景色の中で達也はふと別れた恋人の桃子が話していた彼女の故郷の話を思い出す。「夢ヶ丘」が桃子の故郷だと知った達也は桃子の話したエピソードを回想しながらそれをなぞるように「夢ヶ丘」の街の中を歩いていく。

「夢ヶ丘」で出会う街の人々との交流
その中で新たに知る、別れてからの桃子の事

夢を追いかける人
かつて夢を追いかけた全ての人に
読んでもらいたい青年の再生の物語
24hポイント 0pt
小説 120,289 位 / 120,289件 青春 4,701 位 / 4,701件