クリスマスイブの今夜は

33歳、独身、日雇いフリーター、小説家志望。

ネット投稿サイトに需要も無い小説を勝手に供給する日々を過ごす主人公の晃。

ツイッター・ユーチューブ依存、過去への執着、相対的貧困に苛まれながらも過剰な自意識を燃料にして6畳の作業部屋で夢想する日々を送っていた。

全国的に猛烈な寒波に見舞われたある日。こたつもエアコンも無い作業部屋で布団にくるまりながらネット投稿用の小説を執筆していると一通のラインメッセージが晃に届いて・・・

クリスマスイブの夜に小説を公開するとツイッターで告知をした晃はその日の朝に執筆を始め、自分の揺れる想いをパソコンのキーボードに叩きつける。

どんなにダメな人間にだってクリスマスイブはやってくる。

とある嘘つきな作家志望が執筆する嘘少なめの私小説。

同タイトルのオリジナル楽曲「クリスマスイブの今夜は」も12月23日YouTube公開。
24hポイント 0pt
小説 100,199 位 / 100,199件 現代文学 5,237 位 / 5,237件