陸の魚と針の音


『まだきめてない』

 幼い頃に問われた将来の夢。小さな嘘が少女に呪縛をかけた。

 この世界に生まれたはずなのに、この世界じゃ生きづらい。居場所を求めて彷徨う苦悩と、見出した希望を描きました。

 ※これはお伝えしておきます。この物語の語り手にとって一番の問題であったのは「まだきめてない」ことではなく、嘘をついたという事実でございます。必ず決めねばならないことでもなければ強制されることでもない。そう考えた上でこの物語を書きました。

 ※重複投稿・・・こちらの作品は『小説家になろう』とブログにも掲載しております。

24hポイント 0pt
小説 64,190 位 / 64,190件 現代文学 2,788 位 / 2,788件