七瀬渚

七瀬渚

恋愛要素強めのファンタジーやヒューマンドラマを中心に投稿しています。
5
 もし人の本心を正確に読めてしまう人間が存在したら? そんな世界を想像して書いた物語。  主人公・夜野響(よのひびき)は高校生の頃に謎の特殊能力に目覚めたこと、そして大切な居場所や存在を立て続けに失ったことで心に大きなトラウマを負い、人を信じることが出来なくなっていた。  そんな響も大学生になり二年になって間もないある日、思いがけず運命的な出逢いを果たした。朝比奈奏(あさひなかなで)というその女子は無防備なほどの純粋さで響をあっという間に虜にした。  しかし奏について気になることがあった。彼女からは本心が極端に聞こえないのだ。  この出逢いは響の特殊能力の謎に迫るキッカケでもあった。  恋愛ありミステリーありのヒューマンドラマ。人類の進化や突然変異について作者なりに想像してみました(あくまでもフィクションとしてご覧下さい)  ※☆印は挿絵入りです。  ※重複投稿・・・この作品は『小説家になろう』『カクヨム』『ノベルアップ+』にも投稿しています。  ©️七瀬渚/nagisa nanase 2020  https://www.alphapolis.co.jp/novel/590446315/663427970  禁止私自转载、加工  禁止私自轉載、加工  無断複写・転載を禁止します。
24hポイント 28pt
小説 22,621 位 / 140,229件 ライト文芸 461 位 / 6,015件
文字数 78,713 最終更新日 2021.10.13 登録日 2020.11.17
「僕のせいで……」と言って涙ぐんだ。男として、大人として、上手く生きられない愛しい夫。  ひょろひょろの身体に青白い肌。趣味は魚たちや亀の世話をすること。頭にはイヤーマフをつけている。  雑音を受け付けない感覚過敏。ゆえに何処に行っても仕事が続けられなかった。言葉もほとんど話せない。そしていつも申し訳なさそうな顔をしている。それが主人公・葉月の夫である。  対して製薬会社でバリバリ働く勝気なキャリアウーマンである葉月は、自分こそがこの家庭の大黒柱になると覚悟を決める。  “養う”という言葉を嫌う葉月。本当は声を大にして伝えたい。自分はこんなにも夫に支えられていると。  男が泣くのはおかしいか?  出世を目指す主婦は出しゃばりだと叩かれる?  こんな形の夫婦が居てもいいじゃない?  あらゆる人格、あらゆる障害、そしてそれぞれの家庭に於いてあらゆる問題が存在している。“当たり前”というのはまさにこのことではないのか。  障害に対する特別扱いではなく、実は思っているよりもずっと身近に在ることを伝えたいので、あえてあまり重くない作風にしています。  ※“夫”の障害(感覚過敏)に関しては、著者自身に現れた症状を参考にしています。症状の出方には個人差があるので、同じ障害を持つ全ての人がこのようになるという意味ではございません。  ※重複投稿・・・この作品は『小説家になろう』『カクヨム』『ノベルアップ+』にも投稿しています。  ☆印は挿絵入りです。  ©️七瀬渚/nagisa nanase 2018  禁止私自转载、加工  禁止私自轉載、加工  無断複写・転載を禁止します。
24hポイント 0pt
小説 140,229 位 / 140,229件 ライト文芸 6,015 位 / 6,015件
文字数 235,714 最終更新日 2020.06.22 登録日 2019.02.01
 陸はディストピア。  人間たちの疑心暗鬼と欲望が広がり、人ならざる者というだけで高い賞金がかけられ手配書をばら撒かれる。そんな殺伐とした世に孤独なヴァンパイアの男が生きていました。  男の心の中には幼い頃から一人の『人魚姫』が居ます。幼い頃には気付かなかった事実を知ってなお想いは変わらず、もう一度姫に逢う為に故郷へ向かう。  海はユートピア。  陸へ上がらない以上は安全である海の世界で、本来人懐っこい気質の人魚たちが平和に暮らしていました。かつて“姫”と呼ばれていた人魚もここに居ます。雪の結晶のネックレスを大切に持っている、その胸の内はほんの限られた者しか知りません。  しかし平和な海の世界にも人間の魔の手が迫っていて……  最愛の者の為に“永遠”を手にしようとするヴァンパイア。信じる気持ちを失いかけていた人魚。真の孤独とは何かをテーマに書いたちょっとダークな童話風のストーリーです。  ※重複投稿:「小説家になろう」にも掲載しております。  ©️七瀬渚/nagisa nanase 2019  禁止私自转载、加工  禁止私自轉載、加工  無断複写・転載を禁止します。
24hポイント 0pt
小説 140,229 位 / 140,229件 ファンタジー 34,277 位 / 34,277件
文字数 23,035 最終更新日 2020.06.22 登録日 2020.06.06
『まだきめてない』  幼い頃に問われた将来の夢。小さな嘘が少女に呪縛をかけた。  この世界に生まれたはずなのに、この世界じゃ生きづらい。居場所を求めて彷徨う苦悩と、見出した希望を描きました。  ※これはお伝えしておきます。この物語の語り手にとって一番の問題であったのは「まだきめてない」ことではなく、嘘をついたという事実でございます。必ず決めねばならないことでもなければ強制されることでもない。そう考えた上でこの物語を書きました。  ※重複投稿・・・こちらの作品は『小説家になろう』とブログにも掲載しております。
24hポイント 0pt
小説 140,229 位 / 140,229件 現代文学 6,014 位 / 6,014件
文字数 2,984 最終更新日 2018.11.19 登録日 2018.11.19
――なんと2つしか違わなかった。初対面の上司に対して姓ではなく名を告げるような女がだ――  アパレル会社勤務の千秋(29歳・男)は若い女性をターゲットとしたブランドの店舗マネージャーに任命される。順風満帆な歩みに同期たちから羨ましがられる彼だったが……  訪れたのは忘れられない出会い。  年齢不詳・奇想天外な販売スタッフ“トマリ”。  相棒はいかつい南京錠。  商品を見つめて「美味しそう」?  キャッチに怯えて全力疾走。  恋人はいつかパパになる……?  何かが止まってしまっている彼女から千秋は目が離せなくなる。  上司部下とも言い難い。恋心とも程遠い。いいやこれはむしろ親心?  停滞と躍動が入り混じる奇妙な時間がいつしか貴重な記憶となった。  どうやって大人になればいいのかもわからないまま、生きづらい社会人生活を送る人も案外少なくないのかも知れません。 ※重複投稿・・・『小説家になろう』にも投稿しています。 ※表紙のイラスト:せかちゅまるさん、挿絵:nagisa nanase(著者)です。
24hポイント 0pt
小説 140,229 位 / 140,229件 現代文学 6,014 位 / 6,014件
文字数 6,911 最終更新日 2018.11.19 登録日 2018.11.19
5