貴方の事を心から愛していました。ありがとう。

 穏やかな晴天のある日の事。僕は最愛の番の後宮で、ぼんやりと紅茶を手に己の生きざまを振り返っていた。ゆったり流れるその時を楽しんだ僕は、そのままカップを傾け、紅茶を喉へと流し込んだ。
 ――混じり込んだ××と共に。

 オメガバースの世界観です。運命の番でありながら、仮想敵国の王子同士に生まれた二人が辿る数奇な運命。勢いで書いたら真っ暗に。ピリリと主張する苦さをアクセントにどうぞ。
 追記。本編完結済み。後程「彼」視点を追加投稿する……かも?
24hポイント 127pt
小説 9,521 位 / 140,697件 BL 1,855 位 / 15,914件