平安時代の大晦日は追儺(ついな)です

平安時代。
大晦日と言えば、追儺……つまり、節分でした。




帝と蔵人(秘書官)のちょっとしたやりとり。

表紙のけったいな画像が、『方相氏(ほうそうし)』です。
年末の忙しい中(12/31当日急に思いついた)、菊理さんにお願いしました。


※ここの帝は、『鬼憑きの姫なのに総モテなんて!』の帝から次の帝に変わっています。
 つまり、鬼の君です。

24hポイント 7pt
小説 14,650 位 / 48,533件 ファンタジー 4,128 位 / 16,137件