使っても中身の減らないサイフは時代遅れか?

 ある日使っても中身の減らないサイフを手に入れた。

 ……最後のぼかした破滅フラグはおいておくとしても制約つくとなんて夢のない話に。冷静に考えると確かに最初ちょっと失敗した気はするけどそれでも充分使えると思うんだけど、夢があるとはいいづらい。てか時代のせいじゃない。
 そしてカテゴリがまたわからない。現代文学にしてはファンタジーで、ファンタジーにしては要らないところが現実的。経済・企業は……そりゃ『死神女史』とか書いたけど、自分内のメインがどっちにあるかって問題なんだよなぁ。つーわけで変わってたら察してくれろ。

 端からどう見えるかはさておき、個人的にはわりとズタボロなのでペースしばらく戻りそうにないです。
 そしてまだスマホで投稿は無理だと悟った。。。

 ただいま諸事情で出すべきか否か微妙なので棚上げしてたのとか自サイトの方に上げるべきかどうか悩んでたのとか大昔のとかを放出中です。見直しもあまり出来ないのでいつも以上に誤字脱字等も多いです。ご了承下さい。
24hポイント 85pt
小説 9,364 位 / 101,750件 ライト文芸 286 位 / 4,699件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

余りモノ異世界人の自由生活~勇者じゃないので勝手にやらせてもらいます~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:127029pt お気に入り:15311

あなたが愛したのは妹ではありません。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:30402pt お気に入り:1050

禁句

恋愛 / 完結 24h.ポイント:28pt お気に入り:45