堕ちる人魚

ミカド航空は二つの顔を持っている。民間航空会社としての航空事業と。そのルートを利用しての非合法な諜報活動と―――無論、その事を知っているのは、会社内でもごく少数の者のみに限られる。
その一人であるベテラン副機長・山岡は、若手の機長・篠原とコンビを組む事となった。
元航空自衛隊の戦闘機パイロットだった篠原の自由奔放さを危惧する山岡は、もしやコンビを組まされたのは、彼を見張るためではないか?と思い始める。
そして、その山岡の危惧どおり、篠原は情報の横流しをしていた。
24hポイント 7pt
小説 15,606 位 / 51,124件 大衆娯楽 408 位 / 1,324件