境界線の最中で。

 花嫁修業をしていたある日、突然とその日は訪れた。

「鷹華、婚約者が決まったから今すぐ大阪に行きなさい」
「ハァァァ!?」

 思わず素っ頓狂な声を上げた私は、顔も知らない相手の元へ渋々と会いに行くこととなった。
 大学生の夏、友人たちがエンジョイしている最中、きたる日に備え私はお茶の入れ方や料理の勉強をしていた。
 大学の授業(経済学)は難しくなるばかり。
 好きだった運動も無駄に大きくなった胸が邪魔で段々しなくなり、引きこもる日々が続いていた。
 母親にこのままじゃあ嫁にも出せないと叱咤を頂き、作法だけは何とか身に着けるまでに至っていた。

 そんな何の取り柄も未だ持たない私に突然婚約者が決まっただなんて、何かがオカシイ。
 ふっ、何かがオカシクたって、私だってエンジョイ勢に加わりたい! と、いうことでやってきました大阪。

 これから会う人は、一体どんな人なのだろうか?
24hポイント 0pt
小説 91,555 位 / 91,555件 SF 2,812 位 / 2,812件