オナンの子 小四篇

小児性欲の実態を私の小学校時代の体験に基づいて書きました。ケンカの絶えない両親をもつ小学四年生の『わたし』は、物心つく前に性器いじりを覚えます。性についてまだ何も知らないまま、強姦願望に目覚め始めて……。『オナンの子 小一編』の続編です。
24hポイント 0pt
小説 60,769 位 / 60,769件 現代文学 2,664 位 / 2,664件